スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chap.4 ハシュマリム19連殺part.3 話術士~侍

解説やルール
part.1
part.2


☆話術士
 担当:エイラ 勝率:約85%
11話術士
 概要:話術万能説
解説
 メテオ詠唱、自分に「解法」・移動せずCT温存(その後もずっと移動せず)、ハシュ逃げる、再度自分に解法、メテオ発動。解法二回でFaith:40になってダメージ123。もう1セット同じこと繰り返し、メテオ発動時にFaith:0となりダメージ0。
 ハシュマリムがメテオ後に距離を取るおかげでまだ隣接されない、待機連打でリジェネ回復を加速。恐怖は対策できているので問題なし。隣接通常攻撃が来るようになると、「おどす」でハシュマリムのBraveを下げにかかる。初期状態ダメージ187からおどす一回毎に、136→85→17と下がっていく。このときに向きを間違えると攻撃後距離を取られるので一応注意。こちらのSPは11だけど移動をしないので大体同速、攻撃→おどすを3回続けてBrave:10まで下げるとダメージたったの17ぽっち。リジェネの回復が勝るので適当に殴っておしまい。
 通常攻撃の最終段階直前・ダメージ85を受けた時には、こちらの残りHP2になる、ギッリギリ。でもまあクリティカルさえ出なければ問題なく耐える事ができる。他に確率要素は解法×4回とおどす×3回の成功率、それぞれ98%。なので適当にクリティカル率を加味して勝率約85%。解法・おどすの成功率は高くてよろしい。
 前回「SP:12が目安」とか言ってたけど、今回のSP:11も目安。移動せずにCT温存することによってメテオまで2ターン。

感想
 とっても話術士らしくて今回の中で一番気に入ってる勝ち方。「恐怖がしょぼく、対策が簡単」「魔法が遅い」「格闘なし、打撃弱め」等まさに話術士のために存在するようなルカヴィ。これで男性ユニットでなくモンスター扱いだったら、話術士のジョブ特性:まじゅう語も役に立ってなおよろしかった。
 今回はエイラが担当したけど女性限定ではない。「Pのバッグ」は「リジェネーター」で代用可能。せっかくなのでアビリティセットせずにいけるように装備した。あと女話術士の見た目が好きなのも。真の理由はラムザ「リジェネーター」使用済み。



☆陰陽士
 担当:ラムザ 勝率:96%
12陰陽士
 概要:命吸唱4回・・・
解説
 どうしようもなかった。命吸唱なしで頑張る構成も色々考えたんだけどどうにも一手足りない感じ。「どうにかMP切れまでもっていき、暗闇+盾(装備可能)orマント(装備変更)で肉弾戦。(M)HP回復移動をつけておけばまあ勝てる」って大まかな理想があって、MP切れの部分は「魔吸唱を基本に、たまに信疑仰祷でメテオ回避」を予定。なんとかなりそうな感はあるけど、イノセン切れを完璧に把握しないといけない。しかしイノセン中は魔吸唱を使えないから長期戦になり把握が難しい。AIさんは完璧に把握してメテオ合わせてくるのでうむむ。
 これがあれば的なアビリティは(A)戦技(マジックブレイク)、(A)話術(解法)、(R)ダメージ分配等。他で使ってるから無理なのもあるけど、ここまで使えば陰陽士的じゃなくなるしって思いもあるし無理。
 そんなわけで結局命吸唱4回、適当にやってりゃ勝てる。一回当たりの成功率99%の勝率96%。本当は「魔術師のローブ」装備で勝率100%なんだけど画像撮り直すのが面倒だったのでそのまま。戦法も解説もなんとも手抜き。

感想
 陰陽士はこんな単純じゃない!もっと色んな状態異常で頑張るジョブなんだ!それぞれのジョブ所感とか書こうって思ってたけど長すぎるからやめ。話術士と陰陽士が語りがいありそう。
 それはそうと「フェイスロッド(永久フェイス)」があるんだから永久イノセンの装備もあればいいのになぁ。元々ある「賢者の杖」がロッドと杖の好対照となるし、永久イノセンだったらいいのに。名前もある意味ではイノセン的だし。まあ実際あると魔法完全無効化はさすがにまずいか。



☆風水士
 担当:エイラ 勝率:約100%
13風水士
 概要:風水士+引き出す=最強
解説
 ジョブそのもののポテンシャルが高い「風水士」、使い手を選ぶけど強い「引き出す」、合わせて最強。
 「引き出す」は魔法系アビリティだけど基本的に範囲が自分周辺、敵に対して使うなら接近戦をするしかないが魔法系は打たれ弱い、足も遅く近寄るにも時間がかかる。しかし風水士は「盾装備+Move:4」これだけで汎用ジョブでは唯一の存在、さらにステータスも魔法系(装備品の関係でどちらかと言えば。実際はどちらも優秀)なので、「引き出す」の性能を存分に引き出せる。
 戦法は「清盛」でウォール張ってMP切れまで耐える。その間の回復は「村雨」、(S)魔法攻撃力UPのおかげでシェル状態メテオのダメージ分と同じだけ回復。通常攻撃になると(R)風水返しでちくちくしつつ耐えてりゃ勝てる。せっかくなのでシナリオだとここでしか使えない「溶岩ボール」の位置へ。風水返し:溶岩ボールのためにMP切れにさせている。さっさと決着付けるのもあり。
 負け筋は「十分な数買ってある刀がとんでもない不運で足りなくなる事」と「盾回避40%を掻い潜り、ひたすらクリティカル連して清盛ウォール切れ&村雨回復ペースより上回る事」ぐらい。クリティカルは清盛使っていれば余裕で耐えられるので単発なら問題なし。勝率は約100%。

感想
 「引き出す」で勝ってるように見えるけれど、風水士のポテンシャル有りきの戦法。侍の時にも「引き出す」は使うがかなりぐだぐだになってる。
 当然風水士がかわいいからエイラが担当しただけで、ラムザでも可能。



☆竜騎士
 担当:ラムザ 勝率:約95%
14竜騎士
 概要:ジャンプハメ、足りないSPはクイックで補う
解説
 竜騎士だとジョブ補正・装備補正の面でSPが足りない。普通に跳んでいてはタイミングが合わないのでそれを補うための(A)時魔法。SP:10のジャンプは滞空時間4クロックで割と使いやすい。このぐらいが一番ジャンプに適しているかなーと思う。
 兜を装備していないのはメテオを優先させるためのHP調整、どうせノーダメージだし。「光のローブ」装備はクイック分のMP用。
 「ジャンプハメ」とは書いたけど少しアドリブ寄り。というのもメテオ回避のためにジャンプしても大抵は空中に居るうちにハシュマリムのターンが来る。そこで奴の移動先によってハメが成り立たなくなったり。やってる間になんとなく移動先もわかっては来たけど(隣接してくる。メテオ回避確定&ハシュマリム巻き込まれるの確定なのに。隣接ジャンプでジャンプ先から移動せずに食らうこともあり、離れて隣接マスにジャンプしてもわざわざ食らいに来ることも。本当に納得いかない)、なんか納得いかない感じがするのでまあ適当に。
 ルカヴィ相手にアドリブジャンプは、「ジャンプ特有のアクティブターン確認不可」「ルカヴィのCTが見えない」といった理由によりちょっと面倒。ついでにハシュマリムがSP:13と計算の面倒な数値なのも。そこで小技、上に書いたようにSP:10のジャンプは滞空時間4クロック、都合のいいことにクイックの詠唱時間も4クロック(SP:25)。そこで、クイックでアクティブターンを確認し「クイックがメテオ後に発動するならジャンプ回避可能」「メテオ前に発動するならまずクイック、その後ジャンプ」という感じに。ついでにグラビデも覚えておくと使わないけど便利、6クロック(SP:17)発動なので「SP:10の移動せず行動せず待機した場合のアクティブターン」と同じ。まあ適当にクイック確認したら必要ないけど、より効率的に行動するには便利。
 確率要素はクイックの成功率98%、ハシュマリムのHPや移動先などによって2,3回使用することになるので勝率約95%。ラムザのMPはクイック3回まで使え、それまでに決着はつく。

感想
 メテオなんて使わなきゃジャンプにハメられることもないのに、かわいそうなライオン。それはともかくクイックとジャンプの相性は非常によろしい。MP補正が非常に悪い竜騎士なのでローブ装備でも3回しか使えないが、持ち前のジャンプ火力でそこまで必要にはならない。ただ・・・もっと良い槍が欲しいなぁ。



☆侍
 担当:エイラ 勝率:約100%
15侍
 概要:優秀なアビリティ、劣悪なジョブ
解説
 本当にこれはひどい、陰陽士以上に気に入らない内容。どうしようもなかった。
 清盛・村雨・Pのバッグ・(S)魔法防御力UPでひたすら耐える。MP切れ後は(R)白刃取りでほぼ完封、あとは適当に。一応暇なときに備前長船でMP削ったりもしておく。
 (R)と(S)で物理魔法両対策、さらに「引き出す」、さらにさらに女性装備二種も使ってなんとか、こういうのが汚いゴリ押し。
 勝率に関する問題は「刀切れ」と「都合良く清盛ウォールが消えた所に白刃取り貫通4%をクリティカル」ぐらい、なので約100%。さすがにこうまですると勝率は良い。

感想
 はぁ。
 他のジョブでも女性装備アビを使っているのもあるけど、色々と手直しすればラムザでもなんとかなるものも多い。ただ、この侍だけはどうにも戦法が思いつかない。「あれば勝てる系(R)アビリティ」は算術士・吟遊詩人・踊り子に取っておく必要もあるので尚更(白刃取りはルカヴィに対してはそこまで有効ではない)。

 重装備ジョブ(ナイト・竜騎士・侍)と言えば・・・
・重装備による豊富なHP!
 →侍はHP補正が劣悪(黒魔、時魔、陰陽と同等)、重装備してもそこまで高くならない
・にくだんせん!
 →侍は盾装備できない。物AT補正は良いし刀自体の威力はそこそこだけどBrave%掛かるので結局並。
  物AT補正も「1位モンク:格闘」「3位忍者:二刀流」に挟まれててうわぁ。
・アビリティとの親和性 「戦技:重装備・盾で粘り、一発逆転ブレイク」「ジャンプ:槍ジャンプ一撃必殺」
 →引き出す:魔ATマイナス補正のジョブに魔法系アビリティ

 戦法は「戦略も糞もない、アビリティに任せたゴリ押し」だけど、ある意味では侍らしくもあるのでまあいいか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。